Menu

相続をする時に気をつけたい未収利息

金融機関にお金を預けると利息を得られますが、その時に気をつけなければいけないのは未収利息の問題です。未収利息とは利息を得られることが決まっている状態をいいますが、まだ実際には期日が来ていないので利益を得られていません。

亡くなった方の定期預金の利息は、この未収利息の問題が起こりやすいので対応が必要になります。

金融機関を利用した時の利息

銀行などの金融機関はお金を貸して利益を得ていますが、預金をすれば利用者も収入を得られます。定期預金はある程度の期間現金を預ける方法で、満期になれば利息も合わせて返ってきます。一般的な預金は金利が低くあまり利益を得られませんが、定期預金は高くなっているのでメリットがあります。

途中で解約すると得られる利益は小さくなりますが、満期まで待てば十分な収入を得られます。金融機関で利用できる定期預金は便利ですが、現金を預けている間は金利の利益を得られません。そのような利益は未収利息と呼ばれていて、遺産相続をする時に問題になります。

金融機関は現金を預けるのも可能ですが、ローンなどを利用する方法もあります。ローンを使うと支払いをしなければいけませんが、返済時は利息の分も多めに負担が発生します。通常の支払いは利息の計算がすぐに行われますが、定期的に支払われるものは多少違いがあります。

例えばローンをボーナス払いにすると、実際に支払いが行われるまで時間がかかります。ボーナス払いが行われるまでも利息はかかりますが、そのような負担は実際に支払う時まで請求されません。未収利息はこのようなボーナス払いでも利用される言葉で、実際に支払うまでに時間がかかる利息に対して使われます。

未収利息とはどういうものか

現金を金融機関とやり取りする時の利息は、すぐに請求されるものもあります。そうではなくある程度たってから発生する利息は、未収利息と呼ばれています。未収利息は基本的には問題にはならず、普通の利息と同じように扱われます。

期限にならないと利息が発生しないだけで、それ以外は特に違いはありません。ただ相続をする時は問題になりやすく、特別な手続きをしなければいけない時もあります。例えば亡くなった方が定期預金をしていた時に、その現金を遺産相続する場合は利息がどの程度得られるか計算しなければいけません。

相続時に未収利息の計算をする時は、専門家に相談すると問題が起こりづらいです。亡くなった方の定期預金の問題は対応が難しく、複雑な計算をしなければいけない時もあります。計算が間違っていればトラブルになりやすいため、良く考えて対応しなければいけません。

専門家に相談するのが効果的なのは、自分が正確な計算をしているか確かめられるからです。日頃から相続や利息の計算をしている専門家なら、必要に合わせて対応してくれます。

相続の時に行われる手続き

亡くなった方の資産は親族で分けますが、金融資産は比較的簡単に相続できます。現金や株などは分けやすい商品なので、それぞれの親族の権利に合わせて相続すればすみます。この時に問題になりやすいのは定期預金で、解約しないといけないので困ります。

解約すれば現金を得られますが、そうなると本来得られる利息が減る恐れがあります。遺産相続では金融資産を分けますが、定期預金は解約せずに対応する方法もあります。そういう形にすれば損をしづらく、安心して遺産相続を行えます。

遺産相続はメリットがありますが、実は損をする時もあるので気をつけなければいけません。相続では金融資産などを親族がもらいますが、借金の支払いをしなければいけない時もあります。借金は金融資産でもあるため遺産相続をすると、亡くなった方の借入の負担も引き継ぎます。

もし借金を引き受けるのが嫌ならば、遺産相続を辞退する方法もあります。亡くなった方の遺産相続をする時は、どういう資産があるか詳しく確認しなければいけません。

遺産相続で重要な税金対策

病気などで親族が亡くなった時は、葬儀を行い役所などで手続きをします。その後相続する資産があれば親族で分けますが、税金の支払い対策もしなければいけません。相続税は一括して支払うタイプのものなので、大きな金額を請求される場合があります。

数千万円を一度に請求されるケースもあるため、どのように支払いをするか考えなければいけません。相続税は遺産がどの程度あるかによって変わるため、対策する時はまず確認作業を行います。資産がどの程度あるか分かれば、支払いが必要になる税金の金額も把握できます。

相続税の支払いで気をつけたいのは期限がかなり短いので、早めに手続きをしなければいけない点です。親族が亡くなった時は葬儀などを行うため、税金対策をする余裕がそれほどありません。例えば葬儀などの手続きで手間がかかってしまうと、相続税の支払期限が来てしまう場合もあります。

早めに相続税対策をしたい時は、会計士などの専門家に相談する方法が便利です。専門家ならば自分の代わりに資産を調べてくれて、葬儀などをしている間に必要な計算を行ってくれます。相続税は金額が大きくなりやすいため、期限になる前に十分な準備をする必要があります。

相続放棄とペットの関係について

未収利息がある時の手続き

未収利息があると分かった時は、誰がどのようにもらうか決めなければいけません。遺産相続の手続きは法的に決まっているため、それに合わせた対応をする必要があります。手続きをする時にポイントになるのは、法律に関する知識を得ておくことです。

未収利息は金融資産の一つとして相続するため、そのような形で権利者で分ける必要があります。ただ普通の金融資産に比べて未収利息は手続きが複雑で、それをもらう人の負担も大きくなります。利用しづらい未収利息の手続きをする時は、どのようなものか十分に権利者に説明する必要があります。

自分で行うのが難しいなら、弁護士などの専門家に頼んで説明してもらうのも可能です。相続時の未収利息への対応では、書類が必要になるので気をつけるべきです。必要になる書類は定期預金をしている、金融機関に相談すればもらえます。

ただ書類を用意するためにはある程度時間がかかるため、ある程度余裕を持って頼まなければいけません。定期預金などの未収利息は大きな金額ではない場合もありますが、相続時に手続きがいるのでどのようの行うか確認が必要です。